• ホーム
  • シミのない肌を目指そう!そばかすができるメカニズムをご紹介!

シミのない肌を目指そう!そばかすができるメカニズムをご紹介!

2020年04月18日

シミやそばかすなどの肌をくすませる原因は、無いに越したことはありません。透明感があって瑞々しい肌は確かに魅力的ですが、そばかすは他のしみとは異なり、それ自体が魅力になっている場合も少なくありません。例えば本人にとってはそばかすはコンプレックス以外の何物でもないという想いがあるかもしれませんが、外国の女の子のように可愛らしく素朴な印象があるという意見もあります。

日本でも多くの人に愛される人気文学のひとつに赤毛のアンがあります。赤毛にそばかすという外見の利発な少女が主人公の物語で、そばかすにはアンのようなキュートで機知に富んでいるけれど、どこか純朴で心惹かれるイメージを持つ人は多いようです。そもそも、これはどのようなメカニズムでできてしまうのでしょうか。肌のシミというのは紫外線を浴びたり外的な刺激から体を守るために、メラニン色素が沈着してできるというメカニズムです。紫外線による影響に加え、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、様々な原因があると言われています。

そばかすは鼻や頬などにできる淡い褐色の斑点です。直径が3ミリメートル程度の粒粒とした斑点が、人によっては顔中にできているケースもあり、色白の人に多く見られるのが特徴です。そばかすができるのは遺伝的な要素が関係しているとみられており、紫外線を浴びると斑点の色が濃くなりますが、一般的には年齢を重ねてゆくうちに徐々に薄くなってくるケースが多いようです。つまり普通のシミもそばかすも、その原因は異なっても紫外線を浴びる事で悪化する点は同じです。その為、有害な紫外線をカットする事が大切で、日差しの強い時には傘や長袖の衣服、日焼け止めクリームなどを上手に活用するのがおすすめです。

また、できてしまったシミやそばかすを改善するためには肌の汚れや余分な角質などを丁寧に取り除き、肌の保湿を心がけるケアを行う事が大切です。毎日の食事などは、栄養のバランスを考えてとるようにすることも大切なポイントで、皮膚や細胞を作るために欠かせないたんぱく質の原料となるアミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラルをしっかりと補給できる食事を心がけましょう。

L?システインやビタミンCなどはメラニン色素の生成や沈着を抑えてくれる働きが期待できる栄養素なので、普段の食事からの摂取が難しい場合は、医薬品やサプリ等を活用するのもおすすめです。さらに規則正しい生活を心がけて十分な睡眠時間を確保して、ストレスをためないようにすることも基本ですがとても重要なポイントです。