肌がきれいな女性と顔にクリームを塗る女性
スキンケアをしている女性

透き通るような透明感のある美しい肌は、多くの女性にとって憧れの存在です。いくらメイクで綺麗に隠すことができても、素肌が美しい状態でなければなかなか自分に自信を持つことは難しいのではないでしょうか。でも、年齢と共に肌にはシミやくすみ、しわやたるみなどのエイジングサインが気になる人が増えてきます。けれども、いくらこれらの肌トラブルが気になるのだとしても、なかなかお金と時間をたっぷりとかけてエステサロンに通うゆとりはないし、高級化粧品は長続きしない、ましてや美容皮膚科などで高価な治療を受けるのもちょっと無理という人は少なくありません。

そんな悩める多くの女性たちの間で、注目される成分の一つがトレチノインです。トレチノインというのはビタミンA(レチノール)の誘導体であり、アメリカではしわやニキビを治療改善するための医薬品として認可されています。トレチノインは人間の血中にもごく微量に含まれている成分なので、治療のために使用してもアレルギーなどの拒絶反応を引き起こす心配はないとされています。皮膚の角質をはがして表皮の細胞の分裂と増殖を促すことで、皮膚のターンオーバーを活性化させるのが、その特徴的な効果です。

シミやくすみが気になるとき、肌の生まれ変わりのメカニズムに注目して、肌のターンオーバーを促す効果のあるトレチノインを使用することは、とても理にかなっています。人の体を覆っている表皮の細胞というのは、基底層と呼ばれる表皮の一番深い層で作られてから、年月をかけて徐々に表面へと押し上げられてきて、最終的に角質となって剥がれ落ちてゆきます。

細胞が基底層で作られてから、最後に一番表面へと押し上げられてはがれるまでのサイクルを皮膚のターンオーバーと呼び、通常は30日前後かかるのですが、様々な条件によってターンオーバーのサイクルが乱れることがあります。多くの人を悩ませるシミは、表皮の基底層のあたりにメラニン色素が沈着した状態によりできるものです。基底層にはメラニンを作るメラノサイトと呼ばれる細胞があり、シミを改善するためにはメラノサイトがメラニンを算出する働きを抑制する必要があります。

市販されている医薬部外品の美白アイテムにはこの働きをする有効成分が含まれていますが、ごく微量なために作用も弱く、すでにできてしまったシミにはほとんど作用しません。トレチノインは表皮の細胞の生まれ変わりを活性化させる作用がある為、深部の色素沈着を伴って皮膚表面に押し上げ、メラニン色素を最終的に排出する効果が期待できます。